ミドリムシはコレステロールを下げるにの役立つか?

ミドリムシは別名ユーグレナと呼ばれています。

ミドリムシにはミドリムシだけが持つ特殊な成分が含まれています。

これはパラミロンという成分になります。

このパラミロンは成分自体も特殊ですが、その構造というのもとても特殊なものになっています。

パラミロンは無数のミクロの穴が開いたまるでスポンジに様な構造をしていて、

このスポンジ状の穴の中にコレステロールをはじめとした身体にとっては有害となるもの、

余分なものを吸着するという性質があるんです。

そして、この吸着したコレステロールなどを手放すことなく、

食物繊維と同じように消化・吸収されずに便と一緒に排泄するという特徴があります。

つまり、食べ物から取り入れた身体にとっては余分なコレステロールを吸収し、

排泄することが出来るんです。

おすすめのユーグレナは小林製薬のユーグレナです。

その結果、身体に取り込まれるコレステロールが減るために、

身体に溜まってしまうコレステロールもしっかりと減らしていくことが出来るんです。

パラミロン自体はまだまだ解明されていない部分も多い成分ですが、

吸収されるコレステロールを減らすことが、

出来るというのはさまざまな研究からはっきりと分かっていることなんですよ。